2015 蔵出し夏のイタリア紀行 2

二日目はとにかくローマ観光です。さっそく参りましょう。

今日はひたすら歩きます。

まずはバチカン市国。カトリック教会の総本山ですね。

似合う。。

この年は猛暑で日中40度あったらしく、常に溶けそうでした。「もう観光は…そろそろ……」ってときのオアシスがこれです。ローマの水は飲めます!私は持参した水筒で持ち歩いていました。

佇まいが素敵です。

賑わうどこかの市場

大聖堂

イタリアに来たらジェラートはかかせませんね。1日1ジェラート以上。全てのお店でピスタチオ食べ比べしていました。けっこうお店によって個性が違います。塩気が強いとか、ここは濃ゆいとかね。

スペイン広場。

コロッセオ。絶賛工事中。

その辺にポイッてあるものが様になりますね。

ブロッコリー頭の木が主流。

閉園後、ひっそりと真実の口。

中洲でご飯を食べます。

イカとモルタデッラハムがこのひと皿に。衝撃を受けたのを覚えています。

オッソブーコの煮込みです。仔牛の骨付きのすね肉ですね。骨の真ん中の髄を食べられることに感謝。トロトロでとても美味しいのです。食べないで残している人を見かけると気が気ではありません。

全体的に優しくて、ホッとできるお店でした。イタリアは味が濃いというイメージがなんとなくありましたが、思い込みでしたね。

「今度は予約してきてね。」帰り際に言われました。混んでいたからね。そうやって言ってもらえるとうれしいです。また来てってことだから。

 

翌日の朝、工事中のトレビの泉。奥が本物、手前はレプリカです。お分かりいただけますか?手前の仮設泉に硬貨を投げ入れる仕組みです。これで願いが叶う…らしいです。とにかく気持ちです!

ローマは広い。電車と徒歩ではなかなか周りきれませぬ。もう少し小さな街が落ち着く中山でありました。

つづきます…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です