2018年5月 ③

 


2018.5.17.

改めて読むと、目がショボショボしてくるような投稿がつづいておりますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

今月中には自宅売却編の投稿は終わりそうですので、ご乱心 ……ご安心を。

 

さて、ようやく売りに出されることになったわが家。

販売価格は2480万からスタートします。

わが家の価値の幅の中ではかなり高額なトコロ。実際この価格で売却出来ると手元に残る金額もそこそこ、この先の引越、融資の活動に有益な状態で動けるでしょう(という妄想ですが 笑)

そんな感じでおおまかに打ち合わせをして、

物件情報を公開したら二週間ほど様子を見て再度、細かい打ち合わせをします。

最初が肝心なのでしょうね。物件情報について写真撮影だったり周辺環境についてや、コメントを考えてもらったり、実際にこれから内覧などが入ったらどういう動きになるのか……などなどですね。

そんな打ち合わせをし終えたある日の夕方頃、ちょっと一息ついていたら不動産から電話がかかってきました。

「さっきしっかりと話し合ったと思ったけど、まだ他にもなんかあったのかな?

……ひょっとして、こんな調子で売れるまでやりとり続くのかな

……つ、疲れそう………つ、疲れたコトなんてないけど。。」

なんて思いながら(実際呟いていたかもしれないですね)、電話にでると。

「中山さん、今ちょうど内覧、きましたよ。今夜、ご案内大丈夫ですか?」

 

マジか。

 

あっさり来たね、内覧。需要あるじゃん、わが家。

……こんなに簡単なのか。

ぶはははっは!!と小躍りをしながらその夜を待つふたり。

来たのは同世代夫婦と、そのお母さん。

感じの良い方々でしたが、内覧後に予算をしっかり組んでみるとちょっと今回は難しいとのことでした。

これが、記念すべき一回目の内覧でした。

実に売却活動を始めて、二週間でのはなし。

この調子だと、わりと早くに決まるな。と小躍り。盆踊り。

あ、でもそうなると、ちょっと考えないといけないコトもあるよね。

と妻と話をします。

仕事のことです。

実際に2018年の春先、3~4月頃に引越し出来るようにむけて始めた売却活動でしたので、そのぐらいまで働くつもりで職場とも話をしています。

2017年の夏じゃ、ちょっと早いな。と。

あくまでも、気持ちの部分ですけれど、そのぐらいまでは働きたいという気持ちでいるので、なにをするにも気持ち、モチベーションは大事なんですよ。

なんて話をするも、気持ちは売却後の未来にワクワクが止まらない。

当然のように小躍り、盆踊りさながらにコサックダンスをする妻と過ごしておりました。

いやいや、しっかり地に足付けるのが今は一番ダイジなんだぞ。

そう自分に言い聞かせながら、地についた足はコサックダンスなんですね。

 

 

そして、

 

そこから誰も内覧に来ないまま半年が過ぎました……

 

 

 

もう、怖い話になってきました。

夏の怪談さながら背筋が寒くなってきて、ブルって見てみたら、

年越してがっつりと冬、大雪の1月に突入です。

寒いワケです。ブルブルです。

 

「価格を変えたら、何かが変わる。」

 

希望に満ち溢れたスローガンのように唱える不動産のお言葉を頂戴すると不安や、迷いは晴れる、ということにしていますので。

気が付けば価格も当初より100万下げ、泣かず飛ばずで、さらに100万下げていました。

 

もう、あっという間に200万を使った気分です。

 

「OK、バブリー!!」

液晶テレビの中で赤い肩パットの女も叫びます。

叫びたいのはコチラもヤマヤマ。

グッと堪えるコチラ、ナカヤマ。

これが、俗に言う売却氷河期なのか……

などと、俗に言ってみたりしておりますが(笑)とにかく腐らずに待つコトに徹します。


つづきます

まえへ←    ・はじめから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です