2018年7月 ③


2018.7.19.

足元に目をやれば、カエルと目が合う。

いや、目、合わせたいけど、なかなか合わない(笑)

新潟で暮らし始めて16日が過ぎました。

車を処分してきたコトもあって、

とにかく歩いてまわってます。

たぶん、良い季節にやってこれたのだと思います。

梅雨も明けて、ちょっと汗ばむ、風吹けば、心地良い。

新潟市の西区を中心に、いくつかの街を歩いて見てまわっています。

新しく出来た街も、ずぅーっと前からある街も、あります。

西区、なんて区分けされて呼ばれる前には、

地域毎の名前で呼ばれて、

区分けされた今も続く地域毎の暮らし、気質のようなモノがあるのかなぁ。

関東でいうと駅名=街のイメージですけどね。

新潟は車社会なので、駅よりももう少し範囲が広くて、

イメージの区分けが都会よりもまぜこぜな感じ。

単純に人数の問題なのでしょう。

適切な例えではないかもしれませんが、下北沢の中に麻布がチラついたりします。

街を歩くけど、街のイメージをつかむのではなく。

ひとりひとりを、いっこいっこを、見てまわるんだな。

なんてことを最近、思います。

最近、やたらと玉ねぎを吊るしているおうちを見ます。

わたしだけ、知らないコトなのでしょうか?

うーん、なんだろ?

 


つづきます

まえへ←    ・はじめから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です