2019年3月 ②


2019.3.14.

 

3月も半ばですが、雪、まだ降ってますね(笑)

 

先月末に、なんとか出来てる風(?)の写真を提出出来る所まで漕ぎつけた我々nabaita。
頑張った甲斐あって、無事に助成金が決裁されました。

実際のトコロ、どんな感じか、と言うと……

 

キッチンの外側、店舗部分は
まだまだこれから。

やっと内装工事に入るトコロです。

 

天井、壁部分に、
断熱材を入れて、シートを張っていきます。

 

吹き抜け部分の床板(一部店舗天井)も剥がし始めていきます。

 

 

なんとか、シートが張れたので、これから石膏ボードを付けていきます。

 

天井にはスピーカーを付けるので、穴を開けておきます。

壁部分も、大分石膏ボードが張れてきました。
中からダダ漏れだった音が、
石膏ボードを張ると、ほとんど聞こえなくなりました。

そして心なしか、あったかい!!

 

石膏ボードを張ったトコロは、

パテ埋め→
サンダー(やすり)→
クロス張り→
シーラー→
ポーターズペイント

で、仕上がりです。

 

あまりの眠さからか、報告書のような感じになってしまいましたが、あともう少しのトコロまで来ていると思います~

 


つづきます

まえへ←    ・はじめから

最近の出来事

3月に入って新潟の空気も春めいてきました。(時折、雪がちらつく時も。)それまでのピンとはりつめた寒さからうってかわって、少しずつ柔らかい空気を肌に感じています。そうすると、待ってましたとばかりにむくむくと人々が外に出てくるのですね。

あれは去ること10日前。いつものように大工仕事をしておりました。脚立の天板に立ち、壁に木を付ける作業中。後ろ向きのまま脚立から降りようと右足を一歩おろしたところ、足を踏み外し、右足が脚立の中に滑り込んでしまいました。そのまま私は天を仰ぎ、気がつけば上半身はうつ伏せて床にふんわりと着地。右足からは脚立が生えているかのような一体感。

この時はじめて自分の「叫び声」というものを聞きました。

想像してみましょう。私はアクロバティックに反り返った上半身と滑らせた右足一本で脚立を持ち上げ天井に数回当てながら落下。地面で受けるはずであったろう衝撃を和らげ、さらに近くにあったゴミ袋もクッションになり、ほぼ無傷(右足はさすがに打ち身になりましたが…)で着地。

と、まぁ、たぶんこんな感じです。あっという間の出来事でビックリしたというのが正直なところ。こんな時、周りの人には笑ってもらった方が気が楽なんだなぁ。

この後も淡々と大工仕事は続いていくのでした。