2019年11月 ②


2019.11.29.

新潟市でも雪(みぞれ?)が降りました。

今まさに。

木々や車、家の屋根にうっすら雪化粧がされていっております。

2019年も、あとひとつきとなりましたね、早いものです。

まさしく(笑)‼ふふふ。

 

先日、インタビューをしていただきました。

ありがたいことにオープン当初から雑誌や地元テレビ等から取材、撮影のお話はいくつかいただいておりましたが、

小心者が服を着て歩いているようなわたしですので、

取材の影響力を考えると、尻込みしてしまい(笑)

なかなかお受けするコトも出来ないままでしたが……

 

この度、初インタビュー、していただきました~。

 

オファーをしていただいたのは、

来月21日に吉田で行われる企画(詳細のしっかりしたものは近々お知らせします、ごめんなさい)の中のコンテンツの1つとして。

空き家再生をして、商いをしているオーナー同士のトークセッションというモノでした。

お話いただいた時に、テーマが素敵だったので、是非ともやらせてください!という感じだったのですが、

日程的に営業を休めなさそうだというコトもあり、

事前にインタビューを撮影していただき、当日わたしは動画での参加となりました。

撮影して下さった皆様、

貴重な御時間、御足労をいただき、ありがとうございました。

内容としては、

飲食店の紹介、というモノではなく。

空き家をセルフリノベーションした経緯と、

その空き家のある、街との関わり合いについてのお話です。

(こういった取材には、出来る限り協力させていただきたいと考えております。既に建材関係の取材、紹介は受けさせていただきました。)

 

「空き家問題」

「シャッター(商店)街」

地方が抱える課題のようなモノでしょうかね。

新潟に来るまでのわたしは、これらの課題を、

「逆にビジネスチャンスだなぁ」

ぐらいにしか考えられていませんでした。

実際に空き家物件を歩いてまわり、所有者の方からお話を聞いてみたりしていくと、

わたしのビジネスチャンスという考え方は、

所詮「他人事の視点」だったのかなぁと、痛感させられたりもしました。

空き家所有者と同じ目線に辿り着いて、

ようやく見えてくる「ビジネスチャンス」というモノがあるのですね。

空き家所有者と、

その街との関わり合いの重要性、計画性、覚悟の提示。

そういった考えの詰めが甘かったがために、当初開業希望だった街では叶わなかったのでしょう……

ただ、今の物件に辿り着くコトができたのも、その街で叶わなかったからこそ。

実際、今の関屋地区で開業出来たことはとても良かったです。

眠くなってきたので今日はこの辺で。

 


つづきます

まえへ←    ・はじめから