2015 蔵出し夏のイタリア紀行 4

フィレンツェは街自体がローマほど大きくはないので、歩いて回ることができます。街の中にアルノ川が流れていて、橋がたくさんあります。この旅では、今どの橋を渡っているのか、どこに向かっているのか実はよくわからないまま歩いておりました。

大聖堂は細かい装飾がされていて、とても美しいです。赤、みどり、白の色が使われていて栄えていた様子がうかがえます。いろんな色を使えるのが豊かな証拠らしいです。たまに途中で単色になる建物なんかもあるようですよ。栄枯盛衰をチェック。

今回フィレンツェでやりたかったことは、ポンテベッキオのお店でアクセサリーを買うことです!ポンテベッキオには貴金属のお店が軒を連ねていて女子にはたまらないスポットなのです。普段、そこまでキラキラしたものに興味をそそられない私ですが、旅の思い出にフィレンツェの紋章ピアスを購入しました。日本でつけてみると、向きが気になるのね。たまに百合の花が逆さになってしまってます。……けっこう気にしています。

 

お約束のジェラート。キャンティクラシコのソルベに感激しました。キャンティクラシコと言えばトスカーナを代表するワインですが、ソルベにするのにいったいどのくらいの量のワインを使っているのか。

 

夕食には牛のカルパッチョ。イタリアに来たら生肉を一度は食べたいものです。タルタルもとてもおいしいのです。日本は、ダメっていうものが多すぎる気がします。しゃぶしゃぶはいいのにねぇ。

それからチェルベッロを食べました。仔牛の脳みそ。フリットにしてあります。これも日本では食べられない、貴重な体験です。白子みたいにトロっと、ふわっとしてクリーミーです。

帰り際にはオペラ歌手の卵なのかな、女の子が歌を披露していました。屋外の広場に響き渡る歌声はアカペラで、とても迫力がありました。そんな光景がすっと馴染むこの街が少し好きになりました。

もうすこしつづきます……

2015 蔵出し夏のイタリア紀行 3

イタリア滞在3日目。フィレンツェに移動しました。

初イタロです。新幹線みたいな感じですね。

いつも開かれている市場。イタリアは革製品がとても安く売っています。夏は冬ものを安くしてくれるみたいです。

 

夕食はビスッテカを食べました。トスカーナはTボーンステーキが有名で、「一度は食べるべき!」と言われていました。チンタセネーゼという豚もいただきました。チンタセネーゼは自然に近い環境で自由に動き回りながらのんびりと育つことで、おいしくなります。一時、かなり数が減ってしまいましたが、スローフード協会の働きかけもあり、また復活してきたそうです。肉の濃い味わいと脂の甘みがシンプルな炭焼きでさらに引き立つのでした。

 

フィレンツェは夜景もきれい。治安もとてもいいです。

2015 蔵出し夏のイタリア紀行 2

二日目はとにかくローマ観光です。さっそく参りましょう。

今日はひたすら歩きます。

まずはバチカン市国。カトリック教会の総本山ですね。

似合う。。

この年は猛暑で日中40度あったらしく、常に溶けそうでした。「もう観光は…そろそろ……」ってときのオアシスがこれです。ローマの水は飲めます!私は持参した水筒で持ち歩いていました。

佇まいが素敵です。

賑わうどこかの市場

大聖堂

イタリアに来たらジェラートはかかせませんね。1日1ジェラート以上。全てのお店でピスタチオ食べ比べしていました。けっこうお店によって個性が違います。塩気が強いとか、ここは濃ゆいとかね。

スペイン広場。

コロッセオ。絶賛工事中。

その辺にポイッてあるものが様になりますね。

ブロッコリー頭の木が主流。

閉園後、ひっそりと真実の口。

中洲でご飯を食べます。

イカとモルタデッラハムがこのひと皿に。衝撃を受けたのを覚えています。

オッソブーコの煮込みです。仔牛の骨付きのすね肉ですね。骨の真ん中の髄を食べられることに感謝。トロトロでとても美味しいのです。食べないで残している人を見かけると気が気ではありません。

全体的に優しくて、ホッとできるお店でした。イタリアは味が濃いというイメージがなんとなくありましたが、思い込みでしたね。

「今度は予約してきてね。」帰り際に言われました。混んでいたからね。そうやって言ってもらえるとうれしいです。また来てってことだから。

 

翌日の朝、工事中のトレビの泉。奥が本物、手前はレプリカです。お分かりいただけますか?手前の仮設泉に硬貨を投げ入れる仕組みです。これで願いが叶う…らしいです。とにかく気持ちです!

ローマは広い。電車と徒歩ではなかなか周りきれませぬ。もう少し小さな街が落ち着く中山でありました。

つづきます…

2015 蔵出し夏のイタリア紀行 1

3年前の7月、はじめてのイタリア。10年ぶりにとるパスポート。不安と期待が入り混じります。オーナー夫婦と私、という傍から見ると、”どういう関係?トリオ”です。3人でツインルームとか泊まっちゃいます。

2015年7月21日 ローマへ

準備を整えて成田空港から出発です。現地時間夜の7時、初めてのローマに無事到着しました。ホテルで一息つくのもそこそこに夕食を食べに参りましょう。土地ごとに様々な郷土料理を持つこの国で、その土地ならではの料理を食べたいのだ!ちょうどホテルの斜め向かいに美味しそうなトラットリアがありました。

素敵なカメリエーレのおじさま。雰囲気ありますねぇ。好きです。「初日だから無理しない方がいいよー」とオーナーに言われるも、私の食い意地がそうはさせません。来たからにはできる限りのものを味わいたいっっ!

アンティパストのビュッフェが食べられるみたいです。

前菜はカプレーゼ。ショーケースからモッツァレッラチーズをフォークで刺してそのままお皿にどーん。握りこぶしくらいあります。豪快ですねえ。ここで不安が襲ってきます。私はこれを食べて、その後パスタを食べるのよねぇ。。。

 

パスタはカチョエペペ。ローマに来たからには食べたいと思っておりました。チーズと胡椒たっぷりです。手打ちの麺はもっちりしてチーズがよく絡みます。

……が、しかし、もう私に味わっている余裕はありません。日本時間の朝4時、10時間以上のフライトの直後。残念ながら、気持ちは体を追い越せませんでした。

「無理は禁物!!!自分のお腹と対話して!」

これがイタリアに来て最初に学んだこと。シンプルですねぇ。

二日目はローマ観光してました。

つづきます……

 

 

 

はじまりの前に

皆さんはじめまして。

イタリアンレストランに勤めていると、「これってイタリアっぽいね~」という言葉をよく耳にします。そんな時、イタリアに行ったことがない人は「…イタリアっぽい???なんぞや?」とちんぷんかんぷんなわけです。かくいう私もそのひとり。

中学の頃は、デルピエロやロベルトバッジオに魅せられてサッカー見てたっけ…。友達からアマルフィ土産をもらって、自分もいつかは行ってみたいと思いをはせていたっけ…。

そんなわけで、いっちょ行ってみっか!と旅行に行きましたとさ。。3年前に。そんな私の蔵出しイタリア旅行記をここに記したいと思います。