富山旅

新潟に引っ越してあっという間に一年が経ちました。去年、真夏の空の下、物件探しとかこつけて、ひたすら歩いていたことが懐かしい今日このごろです。

お店を開いてはや三ヶ月。お盆を過ぎ、急激に秋めいたところで、ふらっと富山に行ってきました。決めているのは「寿司を食べること」のみ。日曜の夕方に出発し、いざ富山市を目指します。4時間弱の旅でしたが、新潟県から富山県にはいるまで時間がかかります。新潟って本当にながいことを実感。

22時頃富山市に到着。富山環水公園にておつかれのコーヒーとライトアップされた夜景、夜の公園散歩で予想以上に癒されました。

お宿はスーパー銭湯にて。富山ブラックなる黒いスープのラーメンを食べる。(ご飯のお供にもってこいです。なるとのようなかまぼこがのっている。)

ややセキュリティの不安(カーテを閉めるだけ)なカプセルルームに宿泊します。

翌日は朝から富山環水公園にてコーヒーを飲み、お散歩。お店の方に教えていただいて近くの美術館で歌川広重、葛飾北斎などの日本の美を堪能する。北斎の青と広重の青は違いました。個人的には近現代の今井俊満の作品も好きです。

お待ちかねのお寿司。予約はできなくてお店で並ぶスタイルです。とにかく並ぶ。そして私たちの後からもどんどん並ぶ。自分の番が近づいてくると緊張してきます。

まず、富山の味を堪能します。アカイカ、平目、カワハギ、バイ貝、さすの昆布締め、白えび軍艦、カニ軍艦などなど。食べると忘れてしまう。。。

さらにうに、中トロは初めて塩で食べたのでした。

寿司職人との付かず離れずの距離感が楽しかったです。席の前にちょろちょろお水が流れていて、手を洗いながら食べるのもわくわくしました。

そのあとはガラス美術館にてガラス作品を見る。見る。見る。デイルチフーリの作品はダイナミックで圧倒されます。チェコのガラス作品をみたり、わからないものも多いけれどそれもいい。

あっという間の富山旅でした。