2017 蔵出し晩秋のイタリア旅行紀 11

寄り道したシエナからさらに北上してキャンティ地区に入ります。その中のボルパイアというところが次なる目的地です。山をぐんぐんぐるぐる登って対向車もほとんどいない細い道を進むと、そっと佇むそのまち。

駐車場に車を停めて、うろうろしていたら第一村人発見!若いコックコートの男の子。チェックインの場所を教えてもらいました。チビタよりも小さなこのまちに今夜は宿泊します。一軒家に泊まるのってホテルとはまた違った贅沢な時間ですね。

今回の旅の行程にヴォルパイアが追加されたのはほんの偶然でした。ワイナリーを見たかった私たちでしたが、お目当てのワイナリーは冬季休業中でやっておらず、そこでヴォルパイアに白羽の矢がたったのです。50年以上の歴史があり、ビオロジコであることも魅力のひとつです。

レストランもすぐ隣にあって、もちろんボルパイアのワインも楽しめます。このレストランがすごくよかったです。素朴で優しい味付け、食べると全身に染み渡る感じ。

トスカーナの冬の定番、リボッリータ。黒キャベツをはじめとしたたくさんの野菜とパンのスープ。こちらはトマトとジャガイモ、そしてセロリが効いていました。

そしてたっぷりのポロネギと黒胡椒のスープ。トスカーナは黒胡椒をよく使います。

スープの美味しさに目覚めた一夜でした。と同時に、自分もこんな料理を作りたいなぁと好みを再確認できました。