2017 蔵出し晩秋のイタリア旅行紀 13

昨年のイタリア旅行の時にはアスティで料理修行中だったオーナーの友人が、今年はトスカーナにいるってんで、どうにか旅のルートに組み込んで会いに行って来ました。今回は彼の働くレストランで食事できました。villa a sestaにあるリストランテ です。またもやなんにもない細い道の先に突如現れる小さな町。

女性シェフのお店というのも魅力的でした。

私たちの他にも次々にビシッとキメたお客様がやってきます。プリフィックスのコースを用意してくれていておまかせしました。

鶏レバークリーム入りミニクロワッサン

黒ひよこ豆のスープ

黒トリュフソースのラビオローネ

ほうれん草を詰めたウズラのロースト

牛ホホ肉の煮込み

かわいいデザートの盛り合わせ

食後に焼き栗と

この時期に食べるというスパイスたっぷりのパン

黒ひよこ豆のスープの深い味わいにノックアウト。豆ってこんなに美味しかったっけ?正直、見直したよ。

そうそう、こちらはミシュラン1つ星のリストランテでした。車をたくさん走らせても行きたいお店、納得です。ちょっぴり背伸びした気分もたまにはいいですよねぇ。

最後のお会計で、「現金なら50ユーロでいいけど、カードなら80ユーロだわよ。」

えー、30ユーロも!違いすぎじゃないっ??っていうオチもついてました。もちろん現金払い。これにて、一件落着なり!?