2019年5月 ⑤


2019.5.30.

オープンして3週間、少し落ち着いてきました。

まだまだやることは沢山あるのですがね、ふふふ。

 

 

横浜から新潟に引越して来て、もうすぐ11ヶ月。

物件探しに明け暮れ、歩き回った3ヶ月

融資や物件契約などの手続きに1ヶ月

解体から始めた、お店づくりに6ヶ月

そして、お店を始めてまもなく1ヶ月

 

マイペースだけど、私にしてはそれなりにストイックな時間を歩めてきたと思います。

 

ちょうど本日5月30日ディナーは貸切予約の催しがあります。

内容は、

「建築関係者に向けて、セルフリノベーションでお店を作った素人夫婦の体験談を聞く食事会」

です(笑)

 

プロの方々に素人が何を話せば良いのだ(汗)

と、素人夫婦(わたしたちのコトです)はドキドキしておりますが(笑)

おかげさまで、この半年間やってきたことに関しての質問でしたら、

ある程度のコトにはお応え出来るかと思います、ふふふ。。

 

およそ半年間、建築の端っこに携わってみて思うコトですが……

 

建築も、料理と似ている。

ざっくりとそんなコトが頭によぎったりしています。

 

1番の違いは、

目の前にある完成品が

ずっと残るモノか、

食べて消えてしまうモノか。

 

という点だと思います。

ずっと料理を作っていた自分が、

自分の作ったお店で働きだして、 改めて、

残っていくモノ、使い続けていくモノの魅力を感じています。

お店も料理も、まだまだ完成品とはなっていませんが、

日々進んでいるなぁと、思います。

 

お店も、料理も、手作り。

 

なかなか、無いでしょ。

なかなか、良いでしょ。

 

 

 

 


つづきます

まえへ←    ・はじめから

花を愛でる

オープンして3週間が経とうとしています。お店をやっているという実感も持てるようになってきました。

近頃は頂いた胡蝶蘭やアンスリウム、オリーブの木、フォーミディブル、グズマニア、そして未だに名の知れぬ木、そして多肉植物のお世話を楽しんでいます。

みんな乾燥にも強く、暑さにも負けず、なんとも可愛らしく思えるのです。土が乾いたら水をたっぷりとやり、空気が乾燥していれば水のミストをシュッと。日中は屋外に出して日光をあててやる。

毎日植物と会話するような感覚。

初めての新潟の春。道を歩けば色とりどりの華やかな花達が咲き誇っているので、味わいながら進むと時間があっという間に過ぎていきます。

厳しい冬を耐え抜き、春、初夏の訪れを存分に味わい尽くしているようですね。

夏もすぐそこ。暑さを吹き飛ばす料理を考え中です!

2019年5月 ④


2019.5.24.

 

 

 

 

 


開店祝いのお花や、シャンパンを

たくさん、たっっくさーん、

いただきました!

お花に関しては、ちょっとした花屋さんよりも豊富なぐらいです(笑)

 

出来たてのnabaitaが華やかにオープン出来ているのも、お世話になっている皆様、仲間のおかげです。

本当にありがとうございます!

最近のnabaitaに御来店してくれたお客様の楽しみ方の1つに、

料理を待っている間に、

このかきものを店内で読んでみる。

というのが、面白いと言って下さる強者もいました(笑)

完成した店内で、どんな場所がどんな風に出来上がっていくのか……

ちょっとしたストーリーなので、

確かに、nabaita店内で読むのが一番楽しめるかもしれませんね。

 

さてさて、これからは何を書こうかな……

 

あっという間に1週間が過ぎてしまう、今日この頃です(笑)

 

 


つづきます

まえへ←    ・はじめから

久しぶりの…

 

久しぶりの内野へ。

関屋に物件を借りるまでは、ほぼ毎日、内野に行っていました。なにせ私たちは内野に出店を考えていたのです。

去年、真夏の太陽光が降り注ぐ中、ひたすら歩いたかいあってか、たくさんの方々と知り合うことができました。今となっては「内野に行くと少し落ち着く」。そんな街です。

お世話になった方々のところへ突撃訪問しても、みんなあたたかく迎え入れてくれます。短い時間ですが、お話もできて、お顔を見られてよかったなぁと。

これからも通いたい街、内野。

また行きますね!