2015 蔵出し夏のイタリア紀行 4

フィレンツェは街自体がローマほど大きくはないので、歩いて回ることができます。街の中にアルノ川が流れていて、橋がたくさんあります。この旅では、今どの橋を渡っているのか、どこに向かっているのか実はよくわからないまま歩いておりました。

大聖堂は細かい装飾がされていて、とても美しいです。赤、みどり、白の色が使われていて栄えていた様子がうかがえます。いろんな色を使えるのが豊かな証拠らしいです。たまに途中で単色になる建物なんかもあるようですよ。栄枯盛衰をチェック。

今回フィレンツェでやりたかったことは、ポンテベッキオのお店でアクセサリーを買うことです!ポンテベッキオには貴金属のお店が軒を連ねていて女子にはたまらないスポットなのです。普段、そこまでキラキラしたものに興味をそそられない私ですが、旅の思い出にフィレンツェの紋章ピアスを購入しました。日本でつけてみると、向きが気になるのね。たまに百合の花が逆さになってしまってます。……けっこう気にしています。

 

お約束のジェラート。キャンティクラシコのソルベに感激しました。キャンティクラシコと言えばトスカーナを代表するワインですが、ソルベにするのにいったいどのくらいの量のワインを使っているのか。

 

夕食には牛のカルパッチョ。イタリアに来たら生肉を一度は食べたいものです。タルタルもとてもおいしいのです。日本は、ダメっていうものが多すぎる気がします。しゃぶしゃぶはいいのにねぇ。

それからチェルベッロを食べました。仔牛の脳みそ。フリットにしてあります。これも日本では食べられない、貴重な体験です。白子みたいにトロっと、ふわっとしてクリーミーです。

帰り際にはオペラ歌手の卵なのかな、女の子が歌を披露していました。屋外の広場に響き渡る歌声はアカペラで、とても迫力がありました。そんな光景がすっと馴染むこの街が少し好きになりました。

もうすこしつづきます……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です