2018年5月 ①


2018.5.3.

ゴールデンウィークですね。ゴールデン、満喫してますか?

前回に続いて自宅売却活動のお話を。個人的に売却したらお祝いにデジカメを買おうと決意しましたので、今しばらく文字の羅列のこの投稿にお付き合い下さい。

私なんかよりも詳しい人がたくさんいるかと思いますので、体験と主観を交えざっくりと話をしていきますが。

不動産各社のかなり勢いのあるアピールのおかげで、

とりあえず、何社か話を聞いていくことにします。

聞いてみると、おぉ、なるほど。

まず、不動産会社を選ぶか、選ばないか、というトコロから始まるみたいです。

専任と一般。という契約の種類です。

不動産一社を選んでお願いする専任媒介契約。

不動産会社を選ばないでお願いする一般媒介契約。

どちらも成功報酬というコトなので、契約金みたいなモノはありません。

ただ、専任媒介は一般媒介よりも不動産の利益が得やすいんですね。

なので、勢いのあるアピールとしては、

「是非ともわが社と専任契約を!」

という話なワケです。

つまりは専任と一般の違い、というのは売却活動を手伝ってくれる不動産会社のモチベーションの違いではないかと思います。

数字で言えば、不動産の利益や、不動産が売却活動に充てる予算の大小(あくまで成功報酬なので見返りの多い専任契約の方が予算を組んでくれるみたいです)なのでしょう。

一社にお願いすることで、予算や仲介料の大きな、モチベーションの高い専任媒介に対して

一般媒介にすると、モチベーションはそこまで高くないけど、より多くの不動産会社によるアプローチが出来るような印象を受けました。

要は、売り方、戦略の種類。という感じなのでしょう。

狙い打ちをするか、下手でも数打ちゃ当たるか、と言ってしまうと賭け事みたいで極端かもしれませんが、どちらも戦略の1つには違いありません。

ごちゃごちゃっと書いてみましたが、

そんな初耳だらけのお話から、売却ルーキーの私たち夫婦が出した結論ですが、

専任契約にすることにしました。

あれこれ考えてもよく分かりません。

もし自分が買うなら、何が決め手か?

「誰から買うのか」

それぐらいの答えが、売却活動をお願いする不動産の決め手で良いだろう。

「誰から買うのか」というのは優柔不断なわたしが買物などで迷った時の決め手でもあり、わたしのテーマの一つでもあります。

モノの価値がすぐに見えない時は、誰がすすめてくれるのか?が大事。

迷った時の道標のように掲げておくと、これが視界良好でやけにしっくりくる。

どこを見るかということだけで、大体迷わなくなってしまいました。

気が付けば自分が携わる仕事においても深く根強く立っている道標に。

…………まず、専任契約にします、という話で、こんなに書くとは思ってなかったなぁ、ふふふ。

 


つづきます

まえへ←  ・はじめから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です